Information新着情報

News

ニュース


富山市スマートシティ推進基盤とZETAによる実証実験の実施について

公共施設環境の見える化による快適な施設利用やエネルギー効率化

株式会社テクサー(本社:東京都港区、代表取締役CEO:朱 強、以下:テクサー)は、TISインテックグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下:TIS)と共同で、富山市スマートシティ推進基盤(※)を利活用した「公共施設環境の見える化による快適な施設利用やエネルギー効率化」の実証実験(以下:本実証実験)を、2019年12月10日~2020年1月31日にかけて富山市科学博物館と富山市立図書館本館で実施したと発表しました。

実証実験は、公共施設における環境状況を見える化し、市民の皆さまへの快適な施設利用の提供やエネルギーの効率的な利用によるCO2削減に繋げることを目的として、富山市科学博物館と富山市立図書館本館にて行われました。

今回の実証試験では、ZETAの中継器が電池駆動である(設置場所の制限を受けない)ことを活かし、ZETAのネットワーク設置工事がわずか1日で完了するとともに、科学博物館では1台のZETAアクセスポイントと2台のZETA中継器のみで3階のプラネタリウムを含む全館を通信範囲としてカバーできるなど、ZETAの特徴を十分に活かした事例となっています。

発表の詳細については@Pressの掲載記事をご参照ください。
https://www.atpress.ne.jp/news/208151

ZETAアライアンスは、ZETAの特徴を十分に活用した事例のご紹介を通じてZETAの利活用を推進するとともに、IoTサービスによる社会課題の解決に取り組んで参ります。

※富山市スマートシティ推進基盤
富山市内全域に展開した無線通信ネットワーク網とこれを経由して収集されたデータ群を管理するシステム(プラットフォーム)で構成された情報基盤であり、これにより集約したデータを分析・活用することで、新たなサービスの提供や行政事務の効率化、IoT技術を活用した新産業の育成などを目的とするものです。
(出典:https://www.city.toyama.toyama.jp/kikakukanribu/johotokeika/toyamasc_koubo.html


2020.3.18掲載 / 新着情報