Information新着情報


凸版印刷と奈良医大、ZETAと3次元センシングにより看護・介護業務の負荷軽減を目指した実証実験をスタート

凸版印刷は、公立大学法人奈良県立医科大学(奈良県橿原市、理事長・学長:細井 裕司、以下 奈良医大)の協力の下、ZETA(ゼタ)とベッドにかかる荷重の度合いから患者の状態を把握できる3次元センシングを活用して、奈良医大がこれまで培ってきた褥瘡(じょくそう)予防のノウハウを可視化し、医療・介護現場における看護・介護者の負荷軽減や人手不足を解消することを目指す実証実験を奈良医大にて2020年2月21日より開始したと発表しました。

本実証実験により、ZETAの医療・介護現場への活用がさらに進み、社会課題の解決に大きく寄与するものと期待されます。

凸版印刷株式会社 発表URL:
https://www.toppan.co.jp/news/2020/02/newsrelease200221_1_.html


2020.2.21掲載 / 新着情報