Information新着情報

News

ニュース


凸版印刷、ALSOK福島とZETAを活用し鳥獣被害対策サービスの実証を開始

ZETAアライアンス会員の凸版印刷株式会社は、ALSOK福島株式会社(本社:福島県郡山市、代表取締役社長:前田泰彦、以下 ALSOK福島)とZETAを活用した罠センサーおよび罠の遠隔リアルタイム監視システムを用いた鳥獣被害対策支援サービスの実証実験を2020年11月17日より福島県大熊町(以下 大熊町)で開始したと発表しました。

実証では、ALSOK福島が提供する罠の設置・見廻り・有害鳥獣の捕獲業務までワンストップで受託する鳥獣被害対策事業に、凸版印刷が提供するZETAを活用した罠センサー・罠の遠隔リアルタイム監視システムを導入し、より効率的な罠の見廻りから捕獲処分作業の実現を検証するものです。

詳しくは、以下のニュースリリースをご参照ください。
https://www.toppan.co.jp/news/2020/11/newsrelease_201117_1.html


2020.11.17掲載 / 新着情報